空を越えて ~音楽の愉しみ~

碧い空を越えた処はきっと光に満ち溢れている。 それは、きっと朝焼けの色。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

クリスマスコンサートに行きました

久しぶりのコンサート
昔から好きな辛島美登里さんのコンサートです。
| trackback:1 | commnet:1 | ↑TOP |

はむはむは映画がほしいな(BlogPet)

はむはむは映画がほしいな。
ひまわりの種もほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「はむはむ」が書きました。
| trackback:1 | commnet:0 | ↑TOP |

We are the world 新旧

We are the world の新旧ビデオクリップです。

◆We are the world 25 for Haiti
おお、マイケルが出てるぅ!
歌ってる人、もうほとんどわかりませーん。セリーヌ・ディオンは分かったかな。それとダイアナ・ロス。
ここから寄付できるようになってます。



◆USA for Africa We are the world
このころの人は、リード歌ってる人はたいてい分かります。なつかしー。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

空間(BlogPet)

きのうは空間へリードしないです。

*このエントリは、ブログペットの「はむはむ」が書きました。
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

1Q84の世界観には、引いてしまった。(BlogPet)

ひまわりの種の「1Q84の世界観には、引いてしまった。」のまねしてかいてみるね

(一応、血分けを書いて、リトル・ピープル・モーメントもいたの価値は、よくもまあ、作者ができない死刑囚に染められていく姿や過程を追い求める人々が、さまざまなばかりに触れたものを追い求める人々ができないとしてもない。
リトル・村上春樹『ノルウェーの装丁と考えてみると青豆が奪われる世界は言う(*1Q84』と言っていつ命が強烈に見えていましたの根拠とその状況の源にもつながってきた男女のだと作中のだと考えていく姿や過程を何年】村上春樹氏はなんだか怖い世界観である林泰男死刑囚のままに引用)で描写する!
広告無料アクセス解析

*このエントリは、ブログペットの「はむはむ」が書きました。
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

1Q84の世界観には、引いてしまった。

(一応、ネタばれの無いよう留意して書いているつもりです。)

赤い糸で結ばれた男女の邂逅という単純なモチーフを、よくもまあ、膨らまして、ひねり回して、これだけのものに仕立て上げたものだなと思う。さまざまな価値観やパースペクティブを取り込んで総合的な世界観を浮かび上がらせる。これぞ総合小説か。

文学的な価値はさておいて、さまざまな世界観と言っても、浮かび上がったのはなんだか怖い世界観に思える。リトル・ピープルという抽象的な存在のメッセージが強烈過ぎるせいかもしれない。

マルキシズムに変わる座標軸を探しもとめて、カルト的なもの、ニューエイジ的なものに関心を持ったりした。その結果の一つが、リトル・ピープルだと、村上春樹氏は言う(*1)。

カルトが引き起こす社会悪は許されるものではないとしながらも、カルトの根拠となっているものをよくよく調べたり、教団の中で理想を追い求める人々がそこの価値観に染められていく姿や過程を個々に調べてみると、情状に納得性を見つけてしまう。そこで彼らは責めるに値するのだろうかと考えてしまう--そんなことが書かれているような気がする。青豆が最後の仕事をするときに知る真実(相手から受けた説明)に表れているし、作者インタビュー(本エントリ末尾に引用)にも表れている。

カオス化する世界はひとつの価値観で描写することができないから、リトル・ピープルなる抽象的な存在を立てたのだと思うが、その存在はカルト教団の源にもなり、血分けを思わせるレイプにもつながっていた。血分け的なものにおいて、リトル・ピープル・モーメントも反リトル・ピープル・モーメントもない。

天吾と青豆の純愛という大きな軸が月並みなばかりに、リトル・ピープルという抽象的な存在から導かれる世界観(メッセージ)が強烈に見えてしまう。

どれほどの世界観を浮かび上がらせられたのだろうか?大きな疑問が残る。


以下に、読売新聞のインタビュー記事(*1)で作者が、地下鉄サリン事件実行犯の一人である林泰男死刑囚のことに触れた箇所を抜粋する。

ごく普通の、犯罪者性人格でもない人間がいろんな流れのままに重い罪を犯し、気がついたときにはいつ命が奪われるかわからない死刑囚になっていた――そんな月の裏側に一人残されていたような恐怖を自分のことのように想像しながら、その状況の意味を何年も考え続けた。それがこの物語の出発点になった。



(*1)参考:"『1Q84』への30年】村上春樹氏インタビュー(上)" YOMIURI ONLINE


↓こんなことを書いている人もいました。
・村上春樹『1Q84』が具体的にもたらしたもの
・村上春樹『1Q84』とその受容に内在するカルト宗教性








テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

1Q84を読んでます。たまには読書感想を…

村上春樹さんの1Q84を読み始めました!まだ10章までですが、どっぷりと春樹ワールドにはまっています。

ちょっと読んだ感想(ネタばれにならない程度に)。

パラレルワールド+2人の主人公による対照+学生運動のモチーフ
村上春樹さんらしい作品のつくりは、ここから来ているのでしょうか。『カフカ』のときも確かパラレルワールドで不思議な空気が描かれていましたね。この作品でもねじれた空間が出てきます。『ノルウェーの森』は忘れましたが、たしか雰囲気てきにはそうですね。
学生運動はやっぱり出てきましたね。本作ではカルトっぽいところに行ってますが。

小松さん危険を冒して小説家を擁立しようとしているのは、話の流れのために必要なのでしょうけど、なんか無理矢理感があるので、ちょっともどかしいなあ。誰も「合作にしては?」と言い出さない。まあ、これからの展開によっては自然になるのでしょうかね。


続きを読む

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

"Someone in the Dark"をもう一度 for Michael Jackson

マイケルの訃報を聞いて、口ずさんだのはやっぱりこの歌 "Someone in the dark"でした。

マイケルがETの映画に感動して、スピルバーグと一緒になって子供向けに作ったアルバムETストーリブックに収められている曲。日本では発売されなかったので、知っている人は少ないはず。




この歌がもっと多くの人に知られて、もっと多くの人に歌われていきますように。




『スリラー(2001年版)』『アルティメイト・アルバム』などに収録されています。




続きを読む

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
| ホーム |
プロフィール

lightward

Author:lightward
当ブログへようこそ!

♪Bloglinesで読んでください。  
Bloglinesでこのブログを読む!

 Feedbuner経由で購読...

♪にほんブログ村に参加しました…
  クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
♪ブログランキングに参加しました…
  クラシック音楽(blogRanking)

FC2カウンター


このブログの人気度
人気ブログランキング - 空を越えて ~音楽の愉しみ~

RSSフィード
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
コメントツリー

リンク
フリーエリア

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。